えッ 縮んでる!・・・全自動身長体重計( 自動身長・体重測定器)

 もうご存知の方も多いと思いますが、病院などに置いてある、自動で身長と体重を測る機械を、今日初めて使ってみました。

何しろ年齢も年齢、でもって当然満身創痍・・・身体のあちこちにガタが来てるわけですよね・・・なので、時々病院、それも総合病院に行っています。
その時目にしたのが、くだんの機械で、いつも誰かが使っているんですよね・・・群がってる・・・。
だから目にするだけでその間隙を突いて使う気にはなれないので、気にもとめなくなっていたんですが、今日、病院はガラガラで、その機械が空いてたんです。

何のことは無い、靴脱いで台の上にじっとしてると、頭にコツンとバーが落ちてきて、この2つが数字となって示されるということです・・・直ぐメモしないと消えちゃうんですけどね。
 実は、このことを書こうと思っていたわけじゃ無いんです、今回は。


私は、身長はこれまでズウウゥッと170cmだと思っていました。・・・高校時代から殆ど変わりなかったんです。それが、それがですね、なんと167cmと機械のインジケーターが示してたんです、167センチって。
この答えは二つに一つで、

  1.機械が壊れてる。
  2.身長が縮んだ。      ・・・です。

人がいつも活用・・・それも大病院で活用されてる機械なので、壊れていたのではない・・・ですね。
残るは 2.の 縮んだ、です。

そう、今日はこれが言いたかったんですね、「身長は縮む」ということを、それも年齢とともに、結構縮むということを・・・。

知識としては知らないわけではなかったんですが、実際我が身に起こると、 殆ど「驚愕」!!

この装置、使ったことありますか?