第21回



第 2 1 回
                                   須 永  慶



【 犬 の 入 浴 】 後 編



一度だけ夏、一人で勿論外でバケツに水を溜めて・・・お風呂に入れる、
というよりも天日で生温くした水で石鹸をちゃんと使って洗ってやろうとしたことがあるんです。
あの頃はお風呂に入れるなんていうことは、どこの家庭でもやらないことだし、
勿論一般的に言っても普通は考えもしないことなんですけどネ


第一当時は、人間様が入ることが出来るかどうかの方が大事でしたから・・・。


ところが犬も僕もそんなことはやったことがないもんですから、
それはもう、大変な騒ぎになってしまって・・・。

犬は必死で逃げようとするし、
でももう既に全身水でずぶ濡れだもんだから、小刻みに震え始めるし
・・・僕は僕でどうして良いか分からず、ボーっと突っ立ったまま
『あ~、このままじゃ風邪を引いてしまうな!・・・』
と思うだけで、結局そのまま自然に乾くのに任せてしまった・・・。


犬にとっては災難ですよね。

その後、バケツに水を持って近づくとその犬は賢くもサッと身体を閃かせて
素早く逃げるようになってしまいました。
それでも洗おうとすると、飼い主様の僕に向かって、歯を剥いて「ウ~~」ですからね。

勿論怖いから止めましたよ。

でもこの事がキッカケで、今度犬を飼うときは、絶対お風呂に慣れるようにして飼おう、
お風呂に入れて綺麗な状態で飼おう!・・・と心の奥で決めました。

それから数年経ってまだ実家にいるとき、
富美(ふみ)って言う名の雌犬なんですが、スピッツを飼ったんです。
が、どういう訳か、その頃僕はとてもそんな【犬をお風呂に入れてあげる】時間はなく、
ほんとに数回申し訳程度に、所謂家族用のお風呂に、決死の思いで家族中動員して
何回か入れてあげた程度で終わってしまったんですよ、残念なことに・・・。



そして現在は、
決して家の中全ての場所に対して自由にさせている状態で飼う方法でなく、
或る程度行動を制限して飼っている状態の、我が家のパピヨン犬で
今年7歳になる雄の『瑠奈』です。

しかしこの犬が我が家に来た時は又々結構忙しく、
構ってやる時間が無くてお風呂に入れる習慣と爪を切る習慣が無いんです。
余りそのことについて面倒を見なかった、
・・・そう、考えてるほどには構わなかったんですよね結局・・・。


この犬、お風呂に入るのが特に嫌いで、入れて上げてる間中、
何か「クー、クー」声を出してて、文句を言ってるんですよ。

おまけに慣れてないもんですから、長い爪で引っ掻くんですよね、猫みたいに。
だから終わって出てくる時は、身体の前が真っ赤っかになってるんです、爪の掻き跡で。
じゃその爪を切れば良いと思うでしょうが、
さっきも言いましたように爪を切るのがお互いに又大変なもんですから
余り切ってないんです。
で、それを武器にして引っ掻く・・・とこういう訳なんです。

でも最近は、流石にお風呂に入ると気持ちが良いというのが分かってきたせいか、
相変わらず文句は言ってるんですが、以前に比べると数段我慢するようになってきました。

そうそう、爪切りも大分慣れてきましたよ。
僕は僕でズーッと瑠奈小僧君に話しかけて説得を試みてますしね。


で、
結局何年掛かったことになるんでしょうね、
最初子供の頃チビを見て
【犬をお風呂に入れてあげること】
について考えた時から、今現在、
時々ゆっくりお風呂に入れてあげられるようになった今に至るまで・・・。


だから当然、家の中全ての場所に対して自由にさせている状態で飼う。
場合によっては我が子、我が妻、我が夫を蹴り出して
【毎晩一緒に寝る】
ぐらいの状態の犬は、気の毒にも、毎晩入っているんじゃないかと思うんですが・・・。



さて、皆さんは、この状態にいる犬、

どう思いますか?