第4回

 
これは2001(平成13)年に
やはり年賀状として出したものです。

現代の荒涼とした時代と比較して、
信じられないくらいのほんわかした人間関係がありました。

その事を知って欲しく、
ある種の希望的観測をにじませながら書いた物です。


昔々今から50年以上も昔のこと、
多摩川がとても綺麗だった頃のお話です。


夏のある日、


大人用の重い自転車を三角乗りをして約40分の砂利道を
お兄ちゃんと二人乗りで仲良く釣りに出掛けました。

しかしこの日は生憎さっぱり釣れませんでした。


が、少し離れた何処かのおじさんは業師で、
見事にキラキラ光る魚を釣り上げました。

僕たちは「見せて、見せて!!」と叫び、
おじさんは僕たちに見せようと手元をゆるめた途端、

魚は川へ・・・。



暫くしておじさんは又釣り上げました。


勿論僕たちは「見せて、見せて!!」と叫び
おじさんも見せようとしましたが、

魚は又も手から逃れて川へ・・・。




三人とも暫く息を詰めていましたが

おじさんはキラキラ光る魚を又々上手に釣り上げました。


勿論「見せて、見せて!!」があり、
おじさんも今度は慎重に手のひらを少しずつ開きましたが、

信じられないことに魚は三度川の中へ・・・。

三人同時に


「 ア ! ! 」 。


そして


「 ・ ・ ・ 」 。






しかしおじさんは決して怒りませんでした。





次の日僕は国分寺駅の改札で

切符を切っている魚釣りのおじさんを見つけました。



おじさんは一生懸命切符を切っていましたが

切符を持っている人の列は長くなる一方でした。




でも、おじさんはとてもゆったり見えました。

良い時代だった・・ということなんでしょうか・・・・。

メール、書き込みをお待ちしています。